トップ > 0 最新生命保険ニュース・コラム > 最新生命保険ニュース・コラム ~変額保険の変化~

最新生命保険ニュース・コラム ~変額保険の変化~

ここでは、最新の生命保険に関する記事を紹介します。


三井生命では、2009年4月から、変額保険からの「撤退」を打ち出す模様で、
それに付随して、三菱東京UFJ銀行は東京海上日動フィナンシャル生命の
変額年金保険の販売をすでに停止している模様だと報じられています。

それに伴い、保険金の支払いなどの準備が大変な三井生命では、
変額年金保険と変額終身保険の取り扱いを休止する模様です。


また、変額保険に関してみますと、その契約者から預かった保険料を
「特別勘定」で運用して、成績で受け取る保険金額が変わる商品ですので
株価下落などによって元本割れが生じるリスクありそうです。


そのほかでは、昨年10月に更生特例法の適用を申請して
経営破綻(はたん)していた、大和(やまと)生命保険の
更生管財人は23日、更生計画案を東京地裁に提出したとされています。


スポンサーの米生保大手プルデンシャル傘下の
ジブラルタ生命保険(旧協栄生命保険)から、約69億円の出資を受けて
子会社となっている模様で、銀行窓口や代理店での販売を専門とする

契約者への保険金支払い原資となる責任準備金も限度最大の10%削減が
決まっていて、破綻生保では旧大正生命保険や旧第百生命保険と並んで、
契約者の負担が厳しい内容となっています。

また、個別の保険金の削減幅は4月10日以降に契約者に通知する予定です。


このような記事を見たのですが、なんか、保険業界の厳しい現状が分かり
ますし、これからますます生命保険業界の再編が進んでいくのでしょうね。

この記事のカテゴリーは「0 最新生命保険ニュース・コラム」です。
関連記事

最新生命保険ニュース・コラム ~変額保険の変化~

ここでは、最新の生命保険に関する記事を紹介します。 三井生命では、2009年4月...