トップ > 4 生命保険と掛け金と予定利率について > 生命保険の掛け金が払えないとき

生命保険の掛け金が払えないとき

日本といえば、世界で最も生命保険
普及している国のうちの一つです。

しかし、実情としてその生命保険の掛け金が
支払えずに契約解除される人も多いのです。


理由の一つとして、過度の保障や無駄な特約を
つけることで、保険料が実際に必要な金額以上に
かかってしまっている事が挙げられます。

また、ほとんどの人が加入している
定期付終身保険など、定期部分の更新の度に
保険料の金額が跳ね上がる場合も少なくありません。


支払いの多少の遅れなら、保険会社も待ってくれますが
何ヶ月も滞納が続くようであれば契約自体
失効してしまいます。

また、保険料が払えず自ら解約を申し出る人も
中にはいるでしょう。


このような場合でも、終身保険などで積み立てを
しておけば、保険を継続することが出来ます。

また、自動振替貸付制度という制度では
解約返戻金が発生している場合、その一部を
保険料にまわすことで、失効を回避する事が
出来ます。

しかし、返戻金の上限までが保障期間となるので
それ以降は失効してしまうので注意が必要です。


この他にも、同じ保障の定期保険に
プランを変更する延長保険や、解約返戻金を
使って保障のランクの低い保険に変更する
払済保険などがあります。

これら二つの方法では一時払いの保険となるため
その後の月々の保険料はかかりません。

これらの保障や期間は返戻金で補える物を
選んであるので、以前の保険よりランクが
落ちることにはなりますが、返戻金が多ければ
多いほどある程度のサービスは確保できます。

また、以前の保険契約は失効していますので
これら二つの方法に、以前の保険の特約や
新たな特約をつけることは不可能です。


上記は、あくまでプランが狂った場合の
最終手段であって、こういった状況に
陥らないためにも、自分のライフスタイルにあった
生命保険を選び、支払いプランを立てることが大切です。

この記事のカテゴリーは「4 生命保険と掛け金と予定利率について」です。
生命保険の掛け金と予定利率についてまとめています
関連記事

生命保険の掛け金が払えないとき

日本といえば、世界で最も生命保険が 普及している国のうちの一つです。 しかし、実...